Never Ending Journey
ライブや舞台の記録など


Profile


あめり

Author:あめり
行ったライブの記録やレポを。

【LOVE】
the pillows/THE PREDATORS/Syrup16g/GRAPEVINE/TRICERATOPS/9mm Parabellum Bullet/ASIAN KUNG-FU GENERATION/風味堂/ミドリカワ書房/TOMOVSKY/怒髪天/女王蜂/ももいろクローバーZ/Perfume/Cocco/noodles /Salyu/Lily Chou-Chou/椎名林檎/東京事変/ミドリ/DoAs Infinity/相対性理論/capsule etc



Category




Archives




Recent Entries




Recent Comments




Mail


名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.01.13  Cocco「きらきら Live Tour」 1/9 <<00:00


Cocco『きらきら Live Tour 2007/2008』
1月9日 日本武道館


Cocco


学校の親友である、N子と行きました。
このライブ、もう感動ばかりしてしまって、頭から離れてません。
初Cocco。大好きな大好きな女性アーティストです。

帰りは放心状態で、N子ともあんま喋れんでした。
ごめんねN子(´・ω・`)

とにかく最高だった!曖昧ですがレポを。


***************************


学校が終わってから九段下へ向かう。
電車を降りた瞬間に緊張がピークに…orz

会場ではグッツ購入!
どれもこれも可愛いよー(*´ω`*)

それから入場。席は後方。でも思っていたより近い。

会場前はクラシックが流れる。アナウンスには笑ってしまった(笑)
時間が10分近くおしてから、スタート。


もうこの電気が消えた時点で私は死を覚悟(これマジ)
打ち込みの音が鳴る中、長田さん率いるメンバーが登場。
みんながそろったところでノースリーブの白のワンピースのCocco登場!
か、かわいいいいいいいい!!!(←


1.甘い香り
予想外の1曲目、甘い香り。
この時は頭がいっぱいいっぱいで(笑)
あっちゃんの揺れる歌い方も、全部可愛い!
1曲目から泣いちまったのは内緒。


2.燦
爽やかで綺麗な曲。
あっちゃんが笑顔で歌ってて、もうそれが嬉しすぎる。
大きく手を振る歌い方は、やっぱり良い。


3.樹海の糸
ものすごい好きな曲じゃないか(´;ω;`)
こんなに綺麗な歌声で、もう感動しかないです。
イントロから、サビのメロディーまで全部綺麗。
それでいて切なすぎる。


4.あしたのこと
バンドの音が加わった、アルバムとは違うアレンジ。
途中からは童謡の「雨ふり」に繋がって、
「あめあめふれふれかあさんが~」と歌ってました。可愛い!


5.晴れすぎた空
「わたしの腕は…」と入ったときは 鳥 肌  。
「青い空が」の後の伸ばす声も、酷く綺麗でした。
またウルっとしてしまう…。


6.羽根
好きな曲しかやってねえええええ(((´;ω;`)))
燦歌ってた時とは違う、切ない感じがもう凄すぎる。
(すんません上手く言葉にできない)
照明が上手い。



ここでメンバーがもうちょっと真ん中に寄って、椅子に座る形になる。

*MC*
Cocco「こんばんはございます、Coccoです」
(笑顔でお辞儀、手をふる)
客からのあっちゃんコールが絶えない中、
Cocco「そんな呼ばんでも、ちゃんとここに居るから。暗いうちに走って居なくなったりせんから」
Cocco「まあ座りなさい」
客はちゃんとみんな座る
Cocco「お利口ですね」

Cocco「ちょっと昔の曲をやります」

7.四月馬鹿
ザンサイアンから四月馬鹿!
んもうあっちゃんが可愛いったら…(*´ω`*)


8.君がいれば
相変わらず座っての曲。
「君がいれば♪」と客席に指をさすあっちゃん!
凄く癒された。



*MC*
Cocco「あっちゃんの若かりし頃…まだ十代の頃よ、
     あっちゃんは愛を欲しがって、愛を乞うて、泣いて
     叫んでぶち壊してました。そんでずっと綺麗になりたいって思ってた。
     よく言うだろ?女の子は皆綺麗になるって。
     だからあっちゃん部屋に貼ってたさ。ママは美人だったから、
     あー私もいつかママみたいになるんだって。
      細ぇのに胸はでかくってよー!でも、もうこうなってしまいました…。
    でも綺麗になりたいけどよ。鏡見るのが大嫌いでよ、本当に嫌だった。
    でも本当は綺麗なんだよ。自分がそう思わんだけでさ。
    だからこの曲を、この会場に居る全ての女の子に贈ります」


9.花うた
自分も鏡を見るのが大嫌い(笑)
MC、凄く嬉しかったです。良い歌だ。



*MC*
Cocco「こうやってギター弾くのは2回目だなー」
客「知ってるー!」
Cocco「あーそれ忘れろ。毎回新たな気持ちでな、聴かないとだめ(笑)」
    それと、1年たっても、レベルが変わらないやつを見ておけ」


10.10years
ザンサイアンツアーから上達していないというあっちゃん(笑)
でもちゃんと弾けてたのでは?笑
楽しそうにやってて、おもわずこっちも笑顔。



*MC*
Cocco「あっちゃんはデビュー11年目にして、なんと木琴に挑戦します」
客「おー!(拍手)」
Cocco「おねーちゃーん!あの 木琴見つかったよ!見える?」
木琴を持ち上げて、正面の2階席あたりを見つめて笑うあっちゃん
どうやらお姉さんがきていたようです(笑)
Cocco「これはあっちゃんが小さい時にお姉ちゃんと遊んでた木琴の色違いです。
   あっちゃんはお姉ちゃん子です。
   シスコンです。
    ああそうです。笑」

客「(笑)」
Cocco「昨日も練習してきたんだけどよー」
客「頑張ってー」
Cocco「もう頑張ってる。あ、でも最初には出てこんけどな」
曲に入るかと思ったら、最初には出ない用で正面向いてマイクを握るあっちゃん。


11.An apple day
歌い終わったあっちゃんは、笑顔で横に置いてある木琴の方を向く
見せ場である木琴ソロ(笑)は、リズムに合わせて叩いたり、
連打してみたりと、最高でした(´∀`)


12.流星群
メンバーが元の体制に戻ったら流れるイントロ。
さ、最高に好きな曲じゃないか!
「愛してる?わがままな歌だよ」
「こんな空に綺麗なまま 誰か泣いて泣いて」
こんなに切ない歌詞が書けるなんて…。それでいて力強い。
マフラータオルが凄く役立ちました。涙。


13.秋雨前線
きらきらでも特にお気に入りの曲。
このサビの盛り上がりが大好き。
ライブだと何倍も綺麗で、最高としか言いようがない!



静かになって、聞き覚えのあるノイズ音が流れる
私はその瞬間何をやるか分かってしまい、N子の腕をがっとひっぱる(笑)

14.Way Out
うわあああ!かっこ良すぎる!
出だしのあっちゃんのシャウトから、ギターやベースの音まで神!
ヘドバンするあっちゃんも、赤中心の照明も、全部鳥肌に繋がる。
本当に照明が今回はすごかった。あっちゃんの動きも合ってたし、
こんなに凄いと思わなかった。かっこよすぎてニヤけてしまった(笑)


15.けもの道
Way Outからの流れは痺れた。
もう言う事なし。


16.音速パンチ
思わずイントロで涙(…。)
Coccoを知ったのも好きになったのもこの曲だったから、
ちょっと思い入れの強い曲。聞けた事がうれしすぎる。


17.タイムボッカーン!
あっちゃんがマフラータオルを持ってステージに。
サビではこのツアー恒例のタオルまわし!
後方でアウェイな状況でしたが、そんなの関係ねえ!
もうあっちゃんの笑顔が頭から離れません。
最後には脇に居たスタッフを数名呼び出して終了(笑)



*MC*
Cocco「 沖縄の景色が変われば、すぐに注目されるだろ。
   でも東京ででっかいビルが建っても、オシャレモードで終わりでからに。
   東京はみんなが夢を持ち寄った場所。
  外から来て東京を悪く言うやつは郷に帰れ 。 」

Cocco「時々よ、東京と沖縄どっちが好きですかとか馬鹿な質問する奴が居るけど、
    あっちゃんは両方好きです。
   東京は空がないなんて馬鹿な事言う奴もおるけど、
   そういう人は多分、見上げる事を忘れてるだけだと思うし。
   あっちゃんは東京の夕日を綺麗だと思ったし、星だって少しは見える。
   大体、東京を知らない地方者が何だかんだ言うのはだめ。
   その場所で育ってその場所で生きてきた人もいるのに。
    あっちゃんは東京が大好きです。
   あっちゃんは沖縄の女として、東京に失礼にならないように歌いたいと思います」


18.ジュゴンの見える丘
泣いた。もう涙止まりまへん。(思い出しただけでも)
「東京が大好きです」って言われたのも、死ぬほど嬉しかった。
歌詞が優しい。本当に優しい。大好き。
ジュゴンが帰って来た沖縄。私らは何ができるんでしょうかね。
正しい優しいであれ。


19.チョッチョイ子守唄
まさしく、沖縄民謡。間にあっちゃんは踊る踊る。
シルエットがすごく綺麗でした。
ライブVer?というか本当の長いVerという感じでした。
すごく上手だった。


20.強く儚い者たち
おお!またまた好きな曲。
本当にCoccoはよく声が出る。
照明も綺麗だし、凄すぎる。


21.Never ending journy
もう終わってほしくないって気持ちでいっぱいでした。
最後の最後でまた涙。Coccoには弱すぎる。
でも凄く前向きな曲。
「この夜を、音にのせて」とアレンジしてました。
あーもうこれも上手く言葉にできない!(⊃Д`)



Cocco「ありがとう!」

終わると、Coccoは笑顔で花束を持って、
メンバーと右、左とステージの端まで行って、お辞儀。

最後はみんなとタイミングを合わせてお辞儀して、退場していきました。



本当にあっという間だったライブ。
もう胸いっぱいです。上手くレポできなかった…。
ちょうどいい言葉が見つからないんです、すんません(⊃д`。)

多分忘れる事のない、初Coccoライブ。
最高の思い出です、ありがとう!


***************************

↓どこかで言ったMCシリーズ↓

・途中で、2階席の方を見ながら。
Cocco「あっちゃん見える?」
客「見えるよー!(右サイドの客)」
Cocco「ごめんや、そんな席で。チケットとか大丈夫か?
    騙されて買ったとかじゃないよな?じゃあいいけどよ(笑)
    そっちも大丈夫か?」

客「わー(左サイド)」
Cocco「よかった」


・ラストあたりのMC
Cocco「いろんな会場に行っても、こんな風に歓迎してくれて、
   おまけにお歌まで歌わせてもらって、本当に
   嬉しく思います。皆ありがとう」



***************************

セットリスト

1.甘い香り
2.燦
3.樹海の糸
4.あしたのこと
5.晴れすぎた空
6.羽根
7.四月馬鹿
8.君がいれば
9.花うた
10.10years
11.An apple day
12.流星群
13.秋雨前線
14.Way Out
15.けもの道
16.音速パンチ
17.タイムボッカーン!
18.ジュゴンの見える丘
19.チョッチョイ子守唄
20.強く儚い者たち
21.Never ending journy
スポンサーサイト


No.3 / Live Report / Comment*0 // PageTop▲

← the pillows 「KOUENJI-HIGH GRAND OPEN」1/13 / Home / Salyu 「Tour2007 TERMINAL」 2/26 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。