Never Ending Journey
ライブや舞台の記録など


Profile


あめり

Author:あめり
行ったライブの記録やレポを。

【LOVE】
the pillows/THE PREDATORS/Syrup16g/GRAPEVINE/TRICERATOPS/9mm Parabellum Bullet/ASIAN KUNG-FU GENERATION/風味堂/ミドリカワ書房/TOMOVSKY/怒髪天/女王蜂/ももいろクローバーZ/Perfume/Cocco/noodles /Salyu/Lily Chou-Chou/椎名林檎/東京事変/ミドリ/DoAs Infinity/相対性理論/capsule etc



Category




Archives




Recent Entries




Recent Comments




Mail


名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.01.13  Cocco「きらきら Live Tour」 1/9 <<00:00


Cocco『きらきら Live Tour 2007/2008』
1月9日 日本武道館


Cocco


学校の親友である、N子と行きました。
このライブ、もう感動ばかりしてしまって、頭から離れてません。
初Cocco。大好きな大好きな女性アーティストです。

帰りは放心状態で、N子ともあんま喋れんでした。
ごめんねN子(´・ω・`)

とにかく最高だった!曖昧ですがレポを。


***************************


学校が終わってから九段下へ向かう。
電車を降りた瞬間に緊張がピークに…orz

会場ではグッツ購入!
どれもこれも可愛いよー(*´ω`*)

それから入場。席は後方。でも思っていたより近い。

会場前はクラシックが流れる。アナウンスには笑ってしまった(笑)
時間が10分近くおしてから、スタート。


もうこの電気が消えた時点で私は死を覚悟(これマジ)
打ち込みの音が鳴る中、長田さん率いるメンバーが登場。
みんながそろったところでノースリーブの白のワンピースのCocco登場!
か、かわいいいいいいいい!!!(←


1.甘い香り
予想外の1曲目、甘い香り。
この時は頭がいっぱいいっぱいで(笑)
あっちゃんの揺れる歌い方も、全部可愛い!
1曲目から泣いちまったのは内緒。


2.燦
爽やかで綺麗な曲。
あっちゃんが笑顔で歌ってて、もうそれが嬉しすぎる。
大きく手を振る歌い方は、やっぱり良い。


3.樹海の糸
ものすごい好きな曲じゃないか(´;ω;`)
こんなに綺麗な歌声で、もう感動しかないです。
イントロから、サビのメロディーまで全部綺麗。
それでいて切なすぎる。


4.あしたのこと
バンドの音が加わった、アルバムとは違うアレンジ。
途中からは童謡の「雨ふり」に繋がって、
「あめあめふれふれかあさんが~」と歌ってました。可愛い!


5.晴れすぎた空
「わたしの腕は…」と入ったときは 鳥 肌  。
「青い空が」の後の伸ばす声も、酷く綺麗でした。
またウルっとしてしまう…。


6.羽根
好きな曲しかやってねえええええ(((´;ω;`)))
燦歌ってた時とは違う、切ない感じがもう凄すぎる。
(すんません上手く言葉にできない)
照明が上手い。



ここでメンバーがもうちょっと真ん中に寄って、椅子に座る形になる。

*MC*
Cocco「こんばんはございます、Coccoです」
(笑顔でお辞儀、手をふる)
客からのあっちゃんコールが絶えない中、
Cocco「そんな呼ばんでも、ちゃんとここに居るから。暗いうちに走って居なくなったりせんから」
Cocco「まあ座りなさい」
客はちゃんとみんな座る
Cocco「お利口ですね」

Cocco「ちょっと昔の曲をやります」

7.四月馬鹿
ザンサイアンから四月馬鹿!
んもうあっちゃんが可愛いったら…(*´ω`*)


8.君がいれば
相変わらず座っての曲。
「君がいれば♪」と客席に指をさすあっちゃん!
凄く癒された。



*MC*
Cocco「あっちゃんの若かりし頃…まだ十代の頃よ、
     あっちゃんは愛を欲しがって、愛を乞うて、泣いて
     叫んでぶち壊してました。そんでずっと綺麗になりたいって思ってた。
     よく言うだろ?女の子は皆綺麗になるって。
     だからあっちゃん部屋に貼ってたさ。ママは美人だったから、
     あー私もいつかママみたいになるんだって。
      細ぇのに胸はでかくってよー!でも、もうこうなってしまいました…。
    でも綺麗になりたいけどよ。鏡見るのが大嫌いでよ、本当に嫌だった。
    でも本当は綺麗なんだよ。自分がそう思わんだけでさ。
    だからこの曲を、この会場に居る全ての女の子に贈ります」


9.花うた
自分も鏡を見るのが大嫌い(笑)
MC、凄く嬉しかったです。良い歌だ。



*MC*
Cocco「こうやってギター弾くのは2回目だなー」
客「知ってるー!」
Cocco「あーそれ忘れろ。毎回新たな気持ちでな、聴かないとだめ(笑)」
    それと、1年たっても、レベルが変わらないやつを見ておけ」


10.10years
ザンサイアンツアーから上達していないというあっちゃん(笑)
でもちゃんと弾けてたのでは?笑
楽しそうにやってて、おもわずこっちも笑顔。



*MC*
Cocco「あっちゃんはデビュー11年目にして、なんと木琴に挑戦します」
客「おー!(拍手)」
Cocco「おねーちゃーん!あの 木琴見つかったよ!見える?」
木琴を持ち上げて、正面の2階席あたりを見つめて笑うあっちゃん
どうやらお姉さんがきていたようです(笑)
Cocco「これはあっちゃんが小さい時にお姉ちゃんと遊んでた木琴の色違いです。
   あっちゃんはお姉ちゃん子です。
   シスコンです。
    ああそうです。笑」

客「(笑)」
Cocco「昨日も練習してきたんだけどよー」
客「頑張ってー」
Cocco「もう頑張ってる。あ、でも最初には出てこんけどな」
曲に入るかと思ったら、最初には出ない用で正面向いてマイクを握るあっちゃん。


11.An apple day
歌い終わったあっちゃんは、笑顔で横に置いてある木琴の方を向く
見せ場である木琴ソロ(笑)は、リズムに合わせて叩いたり、
連打してみたりと、最高でした(´∀`)


12.流星群
メンバーが元の体制に戻ったら流れるイントロ。
さ、最高に好きな曲じゃないか!
「愛してる?わがままな歌だよ」
「こんな空に綺麗なまま 誰か泣いて泣いて」
こんなに切ない歌詞が書けるなんて…。それでいて力強い。
マフラータオルが凄く役立ちました。涙。


13.秋雨前線
きらきらでも特にお気に入りの曲。
このサビの盛り上がりが大好き。
ライブだと何倍も綺麗で、最高としか言いようがない!



静かになって、聞き覚えのあるノイズ音が流れる
私はその瞬間何をやるか分かってしまい、N子の腕をがっとひっぱる(笑)

14.Way Out
うわあああ!かっこ良すぎる!
出だしのあっちゃんのシャウトから、ギターやベースの音まで神!
ヘドバンするあっちゃんも、赤中心の照明も、全部鳥肌に繋がる。
本当に照明が今回はすごかった。あっちゃんの動きも合ってたし、
こんなに凄いと思わなかった。かっこよすぎてニヤけてしまった(笑)


15.けもの道
Way Outからの流れは痺れた。
もう言う事なし。


16.音速パンチ
思わずイントロで涙(…。)
Coccoを知ったのも好きになったのもこの曲だったから、
ちょっと思い入れの強い曲。聞けた事がうれしすぎる。


17.タイムボッカーン!
あっちゃんがマフラータオルを持ってステージに。
サビではこのツアー恒例のタオルまわし!
後方でアウェイな状況でしたが、そんなの関係ねえ!
もうあっちゃんの笑顔が頭から離れません。
最後には脇に居たスタッフを数名呼び出して終了(笑)



*MC*
Cocco「 沖縄の景色が変われば、すぐに注目されるだろ。
   でも東京ででっかいビルが建っても、オシャレモードで終わりでからに。
   東京はみんなが夢を持ち寄った場所。
  外から来て東京を悪く言うやつは郷に帰れ 。 」

Cocco「時々よ、東京と沖縄どっちが好きですかとか馬鹿な質問する奴が居るけど、
    あっちゃんは両方好きです。
   東京は空がないなんて馬鹿な事言う奴もおるけど、
   そういう人は多分、見上げる事を忘れてるだけだと思うし。
   あっちゃんは東京の夕日を綺麗だと思ったし、星だって少しは見える。
   大体、東京を知らない地方者が何だかんだ言うのはだめ。
   その場所で育ってその場所で生きてきた人もいるのに。
    あっちゃんは東京が大好きです。
   あっちゃんは沖縄の女として、東京に失礼にならないように歌いたいと思います」


18.ジュゴンの見える丘
泣いた。もう涙止まりまへん。(思い出しただけでも)
「東京が大好きです」って言われたのも、死ぬほど嬉しかった。
歌詞が優しい。本当に優しい。大好き。
ジュゴンが帰って来た沖縄。私らは何ができるんでしょうかね。
正しい優しいであれ。


19.チョッチョイ子守唄
まさしく、沖縄民謡。間にあっちゃんは踊る踊る。
シルエットがすごく綺麗でした。
ライブVer?というか本当の長いVerという感じでした。
すごく上手だった。


20.強く儚い者たち
おお!またまた好きな曲。
本当にCoccoはよく声が出る。
照明も綺麗だし、凄すぎる。


21.Never ending journy
もう終わってほしくないって気持ちでいっぱいでした。
最後の最後でまた涙。Coccoには弱すぎる。
でも凄く前向きな曲。
「この夜を、音にのせて」とアレンジしてました。
あーもうこれも上手く言葉にできない!(⊃Д`)



Cocco「ありがとう!」

終わると、Coccoは笑顔で花束を持って、
メンバーと右、左とステージの端まで行って、お辞儀。

最後はみんなとタイミングを合わせてお辞儀して、退場していきました。



本当にあっという間だったライブ。
もう胸いっぱいです。上手くレポできなかった…。
ちょうどいい言葉が見つからないんです、すんません(⊃д`。)

多分忘れる事のない、初Coccoライブ。
最高の思い出です、ありがとう!


***************************

↓どこかで言ったMCシリーズ↓

・途中で、2階席の方を見ながら。
Cocco「あっちゃん見える?」
客「見えるよー!(右サイドの客)」
Cocco「ごめんや、そんな席で。チケットとか大丈夫か?
    騙されて買ったとかじゃないよな?じゃあいいけどよ(笑)
    そっちも大丈夫か?」

客「わー(左サイド)」
Cocco「よかった」


・ラストあたりのMC
Cocco「いろんな会場に行っても、こんな風に歓迎してくれて、
   おまけにお歌まで歌わせてもらって、本当に
   嬉しく思います。皆ありがとう」



***************************

セットリスト

1.甘い香り
2.燦
3.樹海の糸
4.あしたのこと
5.晴れすぎた空
6.羽根
7.四月馬鹿
8.君がいれば
9.花うた
10.10years
11.An apple day
12.流星群
13.秋雨前線
14.Way Out
15.けもの道
16.音速パンチ
17.タイムボッカーン!
18.ジュゴンの見える丘
19.チョッチョイ子守唄
20.強く儚い者たち
21.Never ending journy


No.3 / Live Report / Comment*0 // PageTop▲

2008.01.06  Salyu 「Tour2007 TERMINAL」 2/26 <<00:00


Salyu『Tour2007 TERMINAL』
2月26日 渋谷C.C.Lemonホール



以前残していたライブの記録を書き起こし。

まさに女神のライブ。
当日寝坊して急いで着替えてバスに乗った記憶があります…笑

グッツは、Tシャツ・ゾウさんポーチ(親)・パンフレットを買いました。
ゾウさんポーチがこれまた可愛いんだ…!



***************************


照明が落ちて、プラットホームのメロディーと線路の映像が流れる。
そしてしばらくすると「あの頃は」とsalyuの声。

1. be there
1曲目からこれか!!
もうsalyuの歌声で鳥肌が凄い。生Salyuの声はとにかくすごい。
「I'll be there, I see you」の高音も恐ろしいほど綺麗。


2. 彗星
これは圧倒されてて記憶が…笑
とにかく、このときは感動。

3. Tower
もうsalyuがすっごく楽しそうで、踊りが可愛い!
「ニンゲンがあぁ消えても」の部分で前屈みで笑顔。女神だ(笑)
映像もマッチしてていい感じ。


*MC*
salyu「salyuでーす!元気ー?」
客「元気ー!」
salyu「後ろの方も元気ー?」
客「わー!(拍手&手振り)」
salyu「今日は来てくれて有り難うございます。
   みんなの心の真ん中に届くように、歌いたいです。
   最後までよろしくー!」




4. 体温
優しいイントロから始まった体温。
もうね、本当に綺麗だった。
大サビの前の私はどんな呼吸をしようか」の後に間があるんだけど
それが結構ためて「あなたと」って入るところは感動のあまりちょっと涙。


5. 故に
なーんでこんな難しい曲を歌えるんだ…!笑


6. name
nameでついにマジで 女 神 降 臨
もう「すげー!すげー!」って。笑
カラオケでチャレンジするが、どうしても歌えないんです、これは。
やっぱりSalyuが歌うと全然違う。凄い。


*MC*
客席「さりゅー!(男声」
salyu「はぁい♪」
客席「(笑)」
salyu「ありがとうございます。
   自慢してもいいですかー?」

客席「いいよー」
salyu「1/17に発売したアルバム、TERMINALが、
   なんとオリコン初登場2位になりました!」

客席「おめでとー!&拍手」
salyu「・・・(この辺は覚えてないorz)
   みんなの心に、曲が届いてくれて良かったです!
   本当にみんなありがとう!」

客席「(拍手)」
salyu「えっと、みなさん。お好きなスタイルで楽しんでくださいね!」

おそらく此処でバックメンバー紹介。
私はサニーにメロメロ(←


7. 夜の海 遠い出会いに
照明はピンク中心。
この曲終わり方が大好きで、本当に楽しみだった。
salyuの叫びとともにスッと曲が終わる瞬間はもう神。
余韻が凄すぎて鳥肌はもはやピークでした。


8. landmark
好きな曲2連発。landmarkは本当に大好き。
初めてアルバムで聞いたときはもの凄い衝撃だったな。
バックの映像はスパイラルを描く線の様なもの。
Salyuの歌声はもはや神の領域(笑)


9. heartquake
映像は、ビルやら建物が描かれてて、夕方や夜。
「宝物になりたいよ」も綺麗に出てた。


ビルは最後の方に崩れ、ゆっくりとクリスタルのようなもの現れる。
そのまま次の曲、鏡へ。

10.鏡
salyuとしては珍しいシャウトのある曲。
「鏡の中では全てががはじけた」のシャウトの部分は、
まさに『さすが生!』って感じで(笑)


11. プラットホーム
ライブの始まりでも流れたメロディーと映像が流れ、始まったプラットホーム。
サニーのハモりにも興奮しつつですね…笑
このライブで一番印象に残ってる曲かもしれない。
salyuの歌声がピアノとものすごく合ってるんだよな。まさに『綺麗』


12. I BELIEVE
とっても感情のこもったような歌い方で、
最後の部分はアレンジが加わってました。
なんだかちょっと嬉しそうで、それでいて楽しそうだった。


*MC*(ここは特に曖昧)
salyu「みなさん、きっと2007年の目標とかあると思うんですが
   今やった歌は、去年、沢山のアーティストの方に出会って、触発されて、
   そうやって出来た歌です。
   本当にありがとう!感謝しています!
   さて、ライブも終盤戦です!ついてきてくれる!?」

客席「おー!」
salyu「奥の方もいいー!?」
客席「おー!」
salyu「2階も、いくぞー!」
二階席「わぁー!!」
salyu「ありがとう!風に乗る船」


13. 風に乗る船
これはsalyuが手拍子を催促して、みんなで手拍子!
良い曲だ…(´;ω;`)


14. トビラ
ここでsalyuのテンションは最高潮(笑)
「瞳を閉ざした」では片手で瞬きを示すようにパチパチ。
そして間奏は踊りまくり。足踏みしながら嬉しそうにステージを行き来(笑)
めちゃくちゃ可愛かった…。


salyu「最後の曲!踊ってねー!」

15. Apple pia
もうこの曲はひたすら可愛い。
「スカート履いちゃう気持ち」の部分ではスカートつまんで乙女ポーズ!
間奏ではクルクル回って踊ってるし、手の動きも可愛い。
あぁ、こんなに癒される女性がいたなんて…!笑


salyu「ありがとう!」

大きく手を振ってステージからSalyu達は退場




*アンコール*

アンコールの拍手のなか、メンバーがステージに。みんなツアーTシャツ。
salyuは白のドレス。ふわふわしてて、マジで女神かと。

みんなから「かわいいー」という声援。
salyuは照れながら「ありがとう」を連発。


salyu「今日はね、見せたい物があるんだよね、サニーちゃん♪」
サニーは照れ笑い。
salyu「これね、物販…あ、物販って言うなって言われてたんだった(笑)」
客席「(笑)」
salyu「ツアーグッツのこれ、ゾウさんポーチ!
   買ってくれた人もいると思うんだけど、
   実はね、子ゾウポーチっていうのも、今日から出来て…。」

客席「かわいいー!!」
salyu「ありがとう!
   今可愛いって言った人は買ってね~(笑)」

客席「(笑)」
salyu「会場で売るのは東京だけなんだよー」
客席「おー!!」
salyu「飾っちゃうね(笑)」
salyu、サニーのキーボードの上にポーチを置く

salyu「それと、これ!
   初めて作っちゃいました、パンフレット。
   絵本仕立てになってます。しかもただの絵本じゃないです。
   仕掛け絵本仕立て(笑)」

客席「おー!&拍手」
salyu「しかも最後の方では、salyuの
   鼻血のでちゃうようなプライベートショットも…!」

客席「みたーい!」
salyu「えへへ、ぜひ見てね」
(↑この言い方が凄く可愛かった…!)

salyu「えっと次の曲はアコースティックでいこうと思います。
   行きたいところ。」



16. 行きたいところ
アコースティックVerのこの曲。
ライブで聞いてさらに好きになりました。良い曲ー。


salyu「本当にありがとう。
   つぎに、スタートの曲であるこの曲を歌います。VALON-1。」


17. VALON-1
すごく好きな曲。メロディーも歌声も綺麗すぎる!



salyu「ありがとう。
   最後の曲です。
   愛するみんなに、届きますように。to U」


18. to U
Salyuのみのto U。この曲、原曲とは違ってピアノが主だから
きっと何よりもsalyuの歌声が綺麗で、
改めて名曲だと確信。Salyuすごすぎる。
Salyuの白い衣装も、照明が青や赤に変わるとオーロラみたいに衣装も綺麗に。
「だけど強くて」の部分はさすが。最後の最後で鳥肌襲来(…。)



終わったあとは、深々とお辞儀して笑顔で帰るSalyu。
ものすごく楽しくて、感動したライブでした。
好きな曲もやったし、なにより生Salyuに圧倒されたぜ…

またライブがあれば、生女神を拝見したいです(笑)



***************************

セットリスト


1.be there
2.彗星
3.Tower
4.体温
5.故に
6.name
7.夜の海 遠い出会いに
8.landmark
9.heartquake
10.鏡
11.プラットホーム
12.I BELIEVE
13.風に乗る船
14.トビラ
15.Apple pia

EN
16.行きたいところ
17.VALON-1
18.to U


No.4 / Live Report / Comment*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。